「愛知県厳重警戒措置」の解除に伴う本校の対応について

1 学校運営の基本方針

 「愛知県厳重警戒措置」の解除後も、感染の再拡大の防止に向け、引き続き感染防止対策を徹底しながら学校教育活動を継続していく。

2 感染防止対策の徹底

 新型コロナウイルスに「感染しない・させない」ためには、児童生徒一人一人が自覚を 持って感染拡大防止に取り組む必要がある。変異株(デルタ株)へほぼ置き換わり、新規感染者に占める10歳代以下の割合が高まっていることを踏まえ、基本的な感染防止対策をワクチン接種を終えた者も含めて徹底するよう指導を行う。

(1)登下校、放課後及び休日

ア 毎日の健康観察を実施し、児童生徒に発熱等の風邪症状が見られる場合、登校させない。

イ 児童生徒の同居家族等が濃厚接触者と特定された場合や、同居家族等が風邪症状等によりPCR検査等を受ける場合、児童生徒本人、又は保護者と相談し、登校を慎重に検討する。

ウ 登下校中も含め、校内では、原則マスクを着用するよう指導する。

(2)校内における感染防止対策

ア 昼食等の食事は、自席で食べるなど対面にならないようにし、会話をしないよう特に指導を徹底する。また、食事後は速やかにマスクを着用するよう指導する。

イ 「3密」と「大声」の回避、こまめな手洗、咳エチケットを徹底するよう指導する。

ウ 教室等の常時換気を実施する。

(3)教職員の感染防止対策

ア 教職員も常日頃から上記感染防止対策を徹底する。

イ 会食や外出、都道府県間の移動等については、国や県が示す指針を遵守する。

ウ 教職員のワクチン接種について、正しい情報を提供しながら推奨する。

(4)県立学校ワクチン接種促進事業

ア 生徒の安全・安心な学びを保障するため、県立学校ワクチン接種促進事業により、接種を希望する高校生等への新型コロナワクチン接種を促進する。

イ ワクチン接種に関わる個人情報は慎重に取り扱い、その管理を適切に行う。

3 教育活動上の対応

(1)徐々に再開する活動

 感染症対策を適切に実施した上で、地域の感染状況に応じて、「感染症対策を講じてもなお感染のリスクが高い学習活動」を、徐々に再開する。

 ・理科における「児童生徒同士が近距離で活動する実験や観察」

 ・図画工作、美術、工芸における「児童生徒同士が近距離で活動する共同制作等の表現や鑑賞の活動」

 ・各教科等に共通する活動として「児童生徒が長時間、近距離で対面形式となるグループワーク等」及び「近距離で一斉に大きな声で話す活動」

 ・音楽における「室内で児童生徒が近距離で行う合唱及びリコーダーや鍵盤ハーモニカ等の管楽器演奏」

 ・家庭、技術・家庭における「児童生徒同士が近距離で活動する調理実習」

 ・体育、保健体育における「児童生徒が密集する運動」や「近距離で組み合ったり接触したりする運動」

(2)修学旅行等の校外行事

 修学旅行等の校外行事は、行き先の感染状況を確認し、必要に応じて目的地や内容を見直すなど感染防止対策を徹底した上で、適切に実施する。

(3)学習活動

ア 教室等においては、児童生徒の間隔を、1メートルを目安に学級内で最大限確保する。

イ 体育の授業におけるマスクの着用は必要ないが、運動を行っていないときは、可能な限りマスクを着用する。ただし、マスクの着脱については、熱中症への対策を優先し、着用しない場合は人との身体的距離を十分に確保する。

(4)部活動

ア 対外的な練習試合、合同練習及び部合宿は、実施周辺地域の感染状況に応じて、活動時間や活動場所を慎重に検討しながら、感染防止対策を講じた上で実施する。

イ 公式戦への参加は周辺地域の感染状況に応じて、活動時間や活動場所を慎重に検討しながら、感染防止対策を講じた上で実施する。

ウ 児童生徒が密集する活動、近距離で組み合ったり接触したりする場面が多い活動、向かい合って発声する活動及び室内で近距離で行う発声や演奏を伴う活動については、地域の感染状況に応じて、徐々に再開する。

エ 活動の開始時と終了時には、児童生徒の健康状態の把握や感染防止対策指導を行った上で実施する。なお、教員が常時立ち会わないことも可とする。

オ 運動を行っていないときは、原則マスクを着用する。ただし、マスクの着脱については、熱中症への対策を優先し、着用しない場合は人との身体的距離を十分に確保する。

4 保護者との連携

 学校内で感染拡大を防ぐためには、ウイルスを持ち込まないことが重要であることから、引き続き、登校前の健康観察など、各家庭においても感染予防に努めていただくよう保護者等に依頼する。

医療従事者にエールを!渥農生徒会の活動!~その後~

活動報告

本校の前期生徒会は、新型コロナウイルスと戦う医療従事者が勤務されている豊橋市民病院に、ハーバリウムを作成して送りました。
ハーバリウムには、在校生の保護者様が経営するバラ農家からバラを、本校の果樹部からは甘夏を使用しました。

豊橋市民病院では、8月から続いている新型コロナウイルスの第5波への対応に追われ、いまだに緊張状態下にあります。
こうした状況でお忙しい中ではありましたが、飾っていただいた様子を撮影してくださいました。

病院内で展示していただいてます
きれいに並べていただきありがとうございます

生徒会(ハーバリウム企画担当)より 教諭 杉浦 鉄太

今後の活動は検討中でありますが、生徒たちが医療従事者の方々のために心を込めてハーバリウム作りに取り組んでいました。彼らの活動が少しでも励みになったらと思います。また、新型コロナウイルスが早く収束し、元の日常に戻る日を生徒と共に祈っております。

令和3年度愛知県高等学校新人体育大会陸上競技大会東三河予選

開催日:2021年9月5日~6日
会 場:豊橋市陸上競技場

種目(男子)氏名成績記録
4×400mリレー川崎真太郎
船水優利
木下昴
鈴木雅隆
鈴木治人
前田優樹
7位予選
3分38秒92
準決
3分44秒25
走幅跳高橋寛汰5m896位
やり投彦坂愛斗42m102位
円盤投今泉陸夢25m857位
種目(女子)氏名成績記録
やり投皿井りん4位30m75
円盤投中川璃乙2位21m23
荒木姫葉奈3位20m27

以上、県大会に出場します。(9月25日~26日、岡崎龍北スタジアム)

この中に、陸上未経験で入部し、県大会への出場を決めた選手が9名います。高校から陸上を始める選手も多くいますが、自分に合う種目を見つけて一生懸命練習に取り組んでいます。また、本大会では夏休みの練習の成果を発揮し、自己ベストが出た部員も多くいました。

来シーズンに向けて、全員で切磋琢磨しさらに上を目指します。

医療従事者にエールを!渥農生徒会の活動!

活動概要

常に最前線で戦う医療従事者の方々に何か力になれないかと渥美農業高校の生徒会一同で考え、地域の花や果実を使って作成したハーバリウムを、豊橋市民病院に寄贈しました。

ハーバリウムで使用した花は、本校生徒の保護者が営むバラ農家で栽培したバラをいただき、甘夏は本校果樹園で収穫した規格外のものを使用しました。

ご協力いただいた西山バラ園の真野さん
バラを摘み取らせていただきました
バラがきれいに咲いていました

また、昨年度に校内でデザインと名前を募集して誕生した、本校のマスコットキャラクター「ふぁにーちゃん」も地域の方々に知ってもらうため、ハーバリウムにイラストの描かれたタグを付けました。本来であれば、8月31日に生徒会一同で市民病院に訪問し、直接寄贈する予定でしたが、緊急事態宣言発令のため、9月1日着で郵送しました。

ハーバリウムを一つ一つ丁寧に作成中・・・
ドライフラワーを作る際のシリカゲルを復元中・・・
色紙も手紙もみんなで考えて作りました
ハーバリウムとふぁにーちゃん

本活動のリーダーより 前期生徒会会長 藤井琴未

新型コロナウイルスが爆発的な感染拡大をしている今、一生懸命働く医療従事者の方々へ、農業高校生だからこそできる活動を生徒会みんなで考えました。私たちが作ったハーバリウムを見て、少しでも癒しになっていただければ嬉しいです。

本活動のその後は、また随時更新します。

第23回東三河高等学校1年生陸上競技大会 大会結果

開催日:2021年7月23日
会 場:豊橋市陸上競技場

種目(男子)氏名成績記録
800m前田 優樹3位2分09秒25
砲丸投げ神谷 孝弘2位9m29
早川 暢紀3位9m16
種目(女子)氏名成績記録
やり投皿井 りん3位28m92

上記のメンバーは高校生から陸上を始めたばかり(7月の時点で4か月)ですが、着実に力をつけてきています。9月に行われる新人戦も1,2年生一丸となって頑張ります。

令和3年度 第3回渥農マーケット中止のお知らせ

10月20日(水)に予定されていた渥農マーケットですが、 中止とさせていただきます。

「愛知県厳重警戒措置」は、10月17日に解除される予定ですが、本校におきましては引き続き警戒を緩めず教育活動を継続していきたいと考えています。
このため渥農マーケットにつきましても感染防止対策をしっかりとたてた上で再開をしていきたいと思います。

次回、11月17日(水)については、11月上旬ごろホームページ等でお伝えしていきます。

トマトカレー開発が本格的に始まります

 4月から行ってきた規格外トマトを活用するプロジェクトについて、規格外トマトを、よりたくさん消費していくためのカレー開発が本格的に始まります。田原市産の規格外大玉トマトと、そのトマトを食べて育った本校産黒豚のミンチ肉を使用したキーマカレーを作る予定です。今年度はまず試作品の開発、そして来年度の商品化、そして販売を目標にしています。
 先日、赤羽根市民センターにて、一緒に開発を進めていく方々との合同会議に参加し、試作を進めていく流れを確認しました。今後も続いていく活動なので、興味のある人は一緒に開発に参加してみてください。また、トマトを飼料として給与することによる肉質の変化も今後調査していくので、カレー開発だけでなく、飼料としての利用価値もより深く調査していく予定です。

動物科学部通信Vol.23発行

今月の内容は、「トマトカレー開発が本格的に始まります」、「稲刈り終了!たくさんのお米と稲わらができました」、「またしても新しい豚が仲間入り」です。

「愛知県厳重警戒措置」に伴う本校の対応について

1 基本方針

(1)愛知県教育委員会、令和3年9月29日付3教保第683号【「愛知県厳重警戒措置」に伴う県立学校の対応について(通知)】に基づき、感染の再拡大の防止に向け、感染防止対策を徹底しながら学校教育活動を継続していく。

(2)期間 令和3年10月1日(金)~10月17日(日)

2 感染症予防の強化の徹底

新型コロナウイルスに「感染しない・させない」ためには、生徒一人一人が自覚を持って感染拡大防止に取り組む必要がある。変異株(デルタ株)への置き換わり、新規感染者に占める10歳以下の割合が高まっていることを踏まえ、基本的な感染防止対策をワクチン接種を終えたものも含めて徹底するよう、指導を行う。
 教職員についても一層の感染予防に努める。

3 登校日、放課後及び休日の対応

(1)家族も含めた毎日の健康観察を実施し、生徒に発熱等の風邪症状がみられる場合は、登校させない。

(2)同居家族に発熱等の風邪症状がみられる場合も登校を控えるよう保護者に働きかける。

(3)生徒の同居家族等が濃厚接触者と特定された場合や、同居家族等が風邪症状等によりPCR検査等を受ける場合、生徒本人、または保護者と相談し、登校を慎重に検討する。

(4)生徒に発熱等の風邪症状があり、すぐに治まった場合でも、念のため1日程度登校を控え、受診するよう保護者に働きかける。(ワクチン接種による発熱を除く)

(5)放課後は、寄り道をせずまっすぐ帰宅するよう指導する。生徒同士のカラオケや会食は感染リスクが非常に高いことから、授業後や部活動終了後だけでなく、休日においても自粛させる。

(6)登下校中も含め、校内では、原則マスクを着用するよう指導する。

4 外来者への対応

外来者には受付で、体温測定と、手指消毒をしてもらったうえで対応する。但し換気に配慮するなど感染防止の対策をした上で、できる限り短時間とする。

5 日課の配慮

(1)50分通常授業とする。

(2)但し、生徒の健康状況(出欠状況など)、地域の感染状況、県からの通知等によって、総合的に判断し、変更する。(業後の当番活動、部活動を中止する場合もある。)

6 教科指導における対応

(1) 教室等においては、生徒の間隔を、1メートルを目安に学級内で最大限確保する。

(2)「特に感染リスクが高い学習活動」の再開は、地域の感染状況に応じて、慎重に検討する。
・各教科等に共通する活動として「生徒が長時間、近距離で対面式となるグループワーク等」及び「近距離で一斉に大きな声を出す活動」
・家庭科における「生徒同士が近距離で活動する調理実習」
・体育、保健体育における「生徒が密集する運動」や「近距離で組み合ったり接触したりする運動」

(3)生徒同士の教材器具の貸し借りをさせない。

(4)共用で使用する器具や用具の使用前後の消毒と手洗いの周知徹底する。

7 校外行事

修学旅行等の校外行事は、行き先の感染状況を確認し、必要に応じて目的地や内容を見直すなど感染防止対策を徹底した上で、適切に実施する。

8 部活動、生徒会及び農業クラブ活動における対応

(1)活動時間(土日を含め)
効果的な活動計画の基で、可能な限り短時間とする。

(2)対外的な練習試合、合同練習及び合宿は、実施地域の感染状況に応じて、活動時間や活動場所を慎重に検討しながら、感染防止対策を講じた上で実施する。

(3)公式試合の参加は周辺地域の感染状況に応じて、活動時間や活動場所を慎重に検討しながら、感染防止対策を講じた上で実施する。

(4)生徒の健康状況(出欠状況など)、地域の感染状況、県からの通知等によって、総合的に判断し、変更する。

(5)活動の開始時と終了時に、生徒の健康状態の把握や感染防止対策指導を行った上で実施する。

(6)運動を行っていないときは、原則マスクを着用する。
但し、マスクの脱着については熱中症への対策を優先し、着用しない場合は人との身体的距離を十分に確保する。

(7)部室の使用は荷物の搬入・搬出・保管および少人数での更衣のみとし、短時間で行うよう指導する。また、会話を控え、マスクを着用し可能な限り換気をする。

9 県立学校ワクチン接種事業

令和3年6月18日付け3教高第480号通知に基づき、個人情報を慎重に取り扱い実施する。

「愛知県緊急事態措置」延長に伴う本校の対応について

1 対応の考え方

(1)愛知県教育委員会、令和3年9月10日付3教保第628号【「愛知県緊急事態措置」延長に伴う県立学校の対応について(通知)】に基づき、警戒度を最大にし、感染防止対策を更に徹底した上で学校教育活動を継続していく。

(2)期間 令和3年9月13日(月)~9月30日(木)

2 感染症予防の強化の徹底

新型コロナウイルスに「感染しない・させない」ためには、生徒一人一人が自覚を持って感染拡大防止に取り組む必要がある。変異株(デルタ株)への置き換わりが進み、急速に感染が拡大していること、新規感染者に占める10歳以下の割合が高まっていることを踏まえ、改めて、基本的な感染防止対策を徹底するよう指導を行う。
 教職員についても一層の感染予防に努める。

3 登校日、放課後及び休日 の対応

(1)家族も含めた毎日の健康観察を実施し、生徒に発熱等の風邪症状がみられる場合は、登校させない。 

(2)同居家族に発熱等の風邪症状がみられる場合も登校を控えるよう保護者に働きかける。

(3)生徒の同居家族が濃厚接触者に特定された場合、または発熱等によりPCR検査を受けた場合、検査での当該家族の陰性が判明するまでは、生徒を登校させない。

(4)生徒に発熱等の風邪症状があり、すぐに治まった場合でも、念のため1日程度登校は控え、受診するよう保護者に働きかける。(ワクチン接種による発熱を除く)

(5)放課後は、寄り道をせずまっすぐ帰宅するよう指導する。生徒同士のカラオケや会食は感染リスクが非常に高いことから、授業後や部活動終了後だけでなく、休日においても自粛させる。

(6)登下校中も含め、校内では、原則マスクを着用するよう指導する。

4 外来者への対応

原則外来者は玄関のみの対応とする。
 ただし、やむを得ない理由で校内に入らなければならない場合は、事前に連絡のあった外来者のみ対応します。その際は検温、手指消毒、換気に配慮するなど感染防止の対策をした上で、できる限り短時間とする。

5 日課の配慮

(1)45分短縮授業とする。(18:00完全下校)

(2)但し、生徒の健康状況(出欠状況など)、地域の感染状況、県からの通知等によって、総合的に判断し、変更する。(業後の当番活動、部活動を中止する場合もある。)

6 教科指導における対応

(1) 身体的距離の確保を優先し、教室等においては、生徒の間隔を可能な限り2メートル(最低1メートル)確保する。

(2)施設の制約により1メートルの距離が確保できないときは、マスクの着用の徹底や十分な換気をおこなう。

(3) ペアワーク等は必要最小限とし、行う場合は、次に留意して実施する。
 ・ペア等を組む相手を固定する。
 ・近距離で対面にならない形で実施し、極力短時間に留める。
 ・マスクを着用し、必要以上に大きな声を発しないよう指導する。

(4) 体育については、集団で行う活動は避け、なるべく個人で行う活動とする。2~3人程度の特定の少人数での活動を行う場合は、十分な距離を空けて行う。

(5)「感染症対策を講じてもなお感染のリスクが高い学習活動」は行わない。
 ・家庭科における「生徒同士が近距離で活動する調理実習」

(6)生徒同士の教材器具の貸し借りをさせない。

(7)共用で使用する器具や用具の使用前後の消毒と手洗いの周知徹底

(8)校外行事は、中止または延期する。

7 部活動、生徒会及び農業クラブ活動における対応

(1)校内の活動のみとする。

(2)活動については、平日4日以内とし、活動は90分以内とする。

(3)練習試合及び合同練習、泊を伴う合宿は自粛する。

(4)公式試合の参加は、地域の感染状況に応じて慎重に検討する。

(5)生徒の健康状況(出欠状況など)、地域の感染状況、県からの通知等によって、総合的に判断し、変更する。

(6)活動の開始時と終了時に、生徒の健康状態の把握や感染防止対策指導を行うとともに、活動中は教員が必ず立ち合い、感染防止対策の徹底を図る。
 また、教員が立ち会うことができない場合は実施しない。

(7)可能な限り感染及び拡大のリスクを低減させ、感染リスクの低い活動を、短時間で個人や少人数によって実施する。

(8)運動を行っていないときは、原則マスクを着用する。

(9)部室の使用は荷物の搬入・搬出・保管および少人数での更衣のみとし、短時間で行うよう指導する。また、会話を控え、マスクを着用し可能な限り換気をする。

8 県立学校ワクチン接種事業

 令和3年6月18日付け3教高第480号通知に基づき、個人情報を慎重に取り扱い実施する。

第35回全国パソコン技能競技大会 結果

 8月6日(金)に名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)にて、第35回全国パソコン技能競技大会が開催されました。

 パソコン部から、日本語スピード競技に5名、英文スピード競技に1名、情報処理競技に4名が出場し、以下の成績を収めました。

情報処理競技 団体2位

 農 業 科 3年 大羽 巧真

 食品科学科 3年 稲垣 輝生

 食品科学科 2年 河邉 湊斗

 食品科学科 2年 平岩 裕太

情報処理競技 団体 メンバー

日本語スピード競技 佳良賞

 食品科学科 3年 亀田 銀志

日本語スピード競技   亀田 銀志

英文スピード競技 佳良賞

 食品科学科 3年 髙田 新之介

英文スピード競技   髙田 新之介